So-net無料ブログ作成
検索選択

秋のG1レース マイルCSまで経過 [レース結果]


もうウズウズしてたまらなかった秋のG1レース、

11月22日のマイルチャンピオンシップまでを振り返ると・・・。



まず、秋華賞では、KLANプレミアムの能力偏差値の

最も高い馬、ミッキークイーン が勝利。



菊花賞では、KLANプレミアムの能力偏差値の

最も高い馬、リアルスティール が僅差の2着。



天皇賞(秋)では、KLANプレミアムの穴馬の

ステファノス が僅差の2着。



エリザベス女王杯は、KLANプレミアムの穴馬の

マリアライト がみごと1着で、

能力偏差値の最も高い馬、

ヌーヴォレコルト が僅差の2着。


このようなデータを提供してくれたKLANプレミアムでしたが、

購入した馬券には、どうも上手く反映されず、という結果です。



また、先日のマイルチャンピオンシップは、

6番人気までの6頭にKLANプレミアムの

能力偏差値の最も高い馬がいれば、その馬を軸にして

穴馬を考慮した馬券を購入する予定だったんですが、

KLANプレミアムの能力偏差値の最も高い馬が8番人気。

6番人気までの6頭に入っていなかったので、

馬券の購入は見送りました。


で、馬券の購入は見送ったものの、

4番人気と5番人気との間でオッズが大きく開いていたので、

ここで決まるかな?と思っていたら、その通りの決着!!

1着は、休み明けの4番人気のモーリス。

2着は、昨年の2着馬、2番人気のフィエロ。   

3着は、出遅れた1番人気のイスラボニータ。

4着は、3番人気のサトノアラジン。


馬券の購入を見送ればいとも簡単に的中するという

まさに「競馬あるある」になった

今年のマイルチャンピオンシップでした。



さて、来週11月29日のジャパンカップは、

マイルチャンピオンシップの時と同様で、

6番人気までの6頭にKLANプレミアムの

能力偏差値の最も高い馬がいれば、その馬を軸にして

穴馬を考慮した馬券を購入する予定ですが、

どうなるでしょうか、楽しみデス。


KLANプレミアムの偏差値馬などに興味があれば、

コチラから↓

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。