So-net無料ブログ作成
検索選択

あのオルフェーヴルの弟、リヤンドファミユ、復活ならず! [凹んだ夜]


4月10日、桜花賞の前にあった阪神10R:大阪-ハンブルクカップで

あのオルフェーヴルの弟、リヤンドファミユをふとみかけたんです。


「おっ、久しぶりに見るなあ…。」と思いながら、

前走のレース結果を見ると、

2月7日、東京10R:早春ステークスを

9頭立てながら6番人気で1着になっており、

どんな走りか?と、動画などでチェックしたのが運の尽きでした!



「おお!結構しっかり走ってるやん!」と思い込んでしまい、

この阪神10R:大阪-ハンブルクカップは、16頭立ての5番人気と

まずまずの人気でもあるし、ここは買い処とリヤンドファミユを軸に

馬連・3連複・3連単と馬券を買い込む始末。



結果、ずう~っと、最後尾!

どこで仕掛けるんやろ?という

期待もむなしく、いいとこなしの14着!


ええい、しゃあないか! 

この損は桜花賞で!と意気込んだものの、

桜花賞もルメールの不甲斐ない騎乗で馬券がパア!!!

一気に凹んだ4月10日の桜花賞の夜でした。



で、G1レースが続くも、しばらく馬券購入に至らなかったのは、

これが理由だったんです。その傷も癒えだしたのが、オークスからで、

日本ダービーでは、もうウズウズしてたまらなかったです。



そして、日本ダービーが終わった後の最終レース、

目黒記念にあのリヤンドファミユを発見!

このレースでは、18頭立ての14番人気。



結果、大阪-ハンブルクカップと同様、

期待?もむなしく、いいとこなしの18着!

あのオルフェーヴルの弟、リヤンドファミユ、復活ならず!でした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。