So-net無料ブログ作成
検索選択

ニュージーランドトロフィーで起きた能力偏差値上位馬の激走! [レース結果]


2017年の東西の金杯的中記事を書いてから、久しぶりの投稿になります。

さて、季節は春のG1シーズンに入り、明日の4月9日は、3歳牝馬のG1レース、

桜花賞があります。ただ今、断トツの1番人気のソウルスターリングが、

史上7頭目の無敗桜花賞馬へ王手!とか、どうなるでしょうか・・・!?


個人的な馬券は、明日の阪神1Rが的中すれば、

コレを使って馬券勝負ですが・・・!

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム




で、今回は、4月8日の土曜日に実施された

ニュージーランドトロフィーで起きた

KLANプレミアムの能力偏差値上位馬の激走について一言!


中山11R:ニュージーランドトロフィー(GII)の出走馬一覧は下記の通りです。

1 ナイトバナレット    牡3 56 中谷雄太

2 ランガディア      牡3 56 戸崎圭太

3 セイカチトセ      牡3 56 吉田豊

4 メイソンジュニア    牡3 56 菱田裕二

5 マンカストラップ    牡3 56 江田照男

6 ジョーストリクトリ   牡3 56 シュタル

7 スズカゼ        牝3 54 吉田隼人

8 ダイイチターミナル   牡3 56 大野拓弥

9 カリビアンゴールド   牝3 54 田中勝春

10 クライムメジャー    牡3 56 川田将雅

11 ジャッキー       牡3 56 松岡正海

12 スズカメジャー     牡3 56 岩田康誠

13 イノバティブ      牡3 56 石川裕紀

14 タイセイスターリー   牡3 56 内田博幸

15 タイムトリップ     牡3 56 田辺裕信

16 ボンセルヴィーソ    牡3 56 松山弘平


上記16頭のうち、太字の6頭が能力偏差値上位の馬というデータが

提供されていたにも関わらず、変な思い込み?で馬券を購入して

美味しい払い戻しを受けそこなったという、失敗談です。


まあ、レース結果を見れば一目瞭然なので、ご覧ください。

4-8  n--11.png


1着から5着まで、つまり掲示板に載った馬がすべて

能力偏差値上位の馬という快挙! 結果を見て唖然としました。


人気薄でしっかり激走しましたので、払い戻しがこんなことに!!

4-8  n-11-.png


忘れたころにやってくるラッキーを

ラッキーにできないアンラッキー、

もうそろそろ、何とかしたいものです。



始まったばかりの春競馬ですから、

まだまだこんなチャンスはあるはず、と信じて、

能力偏差値というデータでビッグチャンスを掴みにいきますよ!

【強い馬が2秒でわかる★KLANプレミアム







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。